グレーゾーン金利

グレーゾーン金利って何?

以前のキャッシングでは高い金利での融資を行っていましたが、現在では貸金業法の改正により上限利率が引き下げられています。引き下げられたというよりも以前からあった上限金利を超えた融資を行っていたのが以前の消費者金融の特徴となっています。

 

金利を定めている法律には利息制限法と出資法があり、それぞれに上限金利が定められていますが、利息制限法の上限金利を超えた融資でも出資法の上限金利を超えなければ罰せられなかったのが法改正以前のキャッシングの姿となります。

 

確実に利息制限法の上限を超えていたにも関わらず、違法とならなかったためグレーな部分が多いことからグレーゾーン金利と呼ばれていたのです。利息制限法の上限金利は20%ですが、出資法では29.2%となっていたためこの間で行われた融資をグレーゾーン金利と言います。

 

現在では出資法の上限金利が利息制限法と同じ20%に引き下げられたため、事実上グレーゾーン金利は無くなったと言えます。現在のキャッシングでは利息制限法の利率が採用されていますが、10万円未満では20%が上限となりますし、100万円未満では18%、100万円以上では15%が上限金利となっています。

 

出資法の金利が引き下げられたことで利用者にとっては利息の負担が軽減されましたが、同時に貸金業法の改正により総量規制が設けられたため、これまで借り入れができた人でも新規融資が利用できないケースが増えています。

 

また利息制限法を超えた融資は過払い金として返還できますので、人によっては借金がなくなるケースもあります。

 

キャッシング当日 TOPページ